・今の時代会社からの給料だけでは無理?副業の考え方。

802fba9ec3875ebae6e009c2b644cae4_s.jpg
こんにちは。

お仕事アフィリエイターのJO=と言います。


最近すごく思うことが有るんですね。

よく就業規定にかいてあることで

副業を禁止する項目というのがあるじゃないですか?


その禁止事項を守って

会社にい続けるとします。


でも定年退職になった後はいったい誰が

面倒をみてくれるのだろうか?

そう思うことが多くなってきています。


給料がどんどん落ちている現代社会。

実際に大卒で平均収入の月20万円の給料で生活をしていくと

計算すると


20万円×12+80万円=320万円

となります。


するとそこまで最近の会社は昇給制度も充実していないので

生涯もらえる額もそんなに高くは在りません。


1人1人がいい給料をもらいたいのにもらえるのは

組織の上層部の人だけ。

そんな状況に嫌気がさしているのではないでしょうか?


また、年金はどんどん上がるし

保険料に生活費、

金額的にもらうものから差し引くと

ほとんど手もとに残らないですよね。


そうなんですせっかく大企業に入社したのに

ボーナスは年々カットされて今や雀の涙。


これじゃあ何のために働いているかもわからない状況になるのでは

ないでしょうか??




ということで今日は副業に関する考え方について

お話ししていこうと思います。



~~~~~もくじ~~~~~~~~~~~~~~~~~~










~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・副業って何?

74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s.jpg

最近は副業に関する社会の関心の高まりもあって

副業ということを聞いたこともあるかと思います。


しかし副業に関する全容はきいたことがないのではないでしょうか?


まず副業とは、

例えばあなたがサラリーマンをしているとします。


しかし、サラリーマンの給料ではやっていけない場合には

新たな仕事を始めるほかに在りません。


そうなんです。

副業とは新しくお仕事を始めることなんですね。


・副業の考え方

0cf1afa68fc7548c89d96229ef616caf_s.jpg

”副業ってなんで副業っていうの?”

きっと感じられた疑問だと思います。


これには諸説あって、

”現段階で仕事をしながらだから副をつけている”

”仕事でほかのものをするから副業という”

まあどれももっともらしいですよね。


そこで、この章では副業とはいったいどんな考え方をすればいいのか??

ということに関して勉強していきましょう。


まず、僕の考える副業の概念は

”やることの重要性はサラリーマンと変わらないが

始めた順番が違っただけ”

というものです。


僕のやっているアフィリエイトというのも実は

副業の代表と言われるものです。


”簡単には始められるけど、楽にはできないビジネス”だからです。


”楽をできないビジネス”

なので順番が違ったという考え方なのです。


・今の時代、会社に所属していたからって安泰じゃない。

f03c75193587730b5c2b832323b8364c_s.jpg

現代の日本は、会社組織に所属をしていたからと言って

何があるかわからない世の中です。


それは大企業であっても同じこと。

某大企業は某企業に買収され、

また大幅なリストラを行うことになりました。


そんな状態でも生活をしていけるだけの

資金力をつけておく必要があります。


その為にはこれからの社会は

”自分で稼ぐ”

という考え方が必要なのです。


・副業のしようっておもったら最初にすること。

e591f26bafe84cdd3d47c86b578bf934_s.jpg

ここまでで副業というのがいかに必要なことかを

わかっていただけたのではないかと思います。


しかし、大切だからと言って

何の準備もなしにダーイブ

というのはナンセンスですよね。


ちゃんと順序があるんですよ。

まず一番最初にしてほしいことは

就業規則、就業規定の確認です。

其の中で

副業をしてもいいのかだめなのか

ということを確認していかなくてはいけませんね。


もしダメということでもあきらめる必要は在りません。

方法はいっぱいあるのですから。


その方法を考慮するうえで必要なのが

就業規則、就業規定に書いてある副業の

項目の確認なんです。


・まとめ

結論.png

さていかがでしたか?

副業の重要性について

分かっていただけたでしょうか?


もし何もしていないのであるならば

今が動き出すチャンスですよ。


ぜひ老後のことや家族のことをかんがえた

働きかたをするために

一度考えてみてくださいね。


今回はここまで。

また次回。


スポンサードリンク







この記事へのコメント