・仕事への情熱のベクトル間違っていない? 仕事への情熱を労働時間で示すデメリット5選

スポンサーリンク











jounetsu.jpg

こんにちわ。

お仕事アフィリエイターのJO=といいます。


最近すごく思うんですが、話をしていて

”昨日も残業でさぁ、、、”なんて言葉を

よく友人から聞くんですね。


それを聞いた時に、

”忙しいの?”って聞くようにしてるんですが

みんな必ず言うのが

”いつも忙しい”

という答えなんです。


それってただ単に忙しいって言葉に逃げてるだけなんじゃないの???

なんて思うときあるんですよね。


ってことで今回は仕事への有り余る情熱を時間で示すことの

デメリットというのを5つご紹介します。


スポンサーリンク














~~~~~もくじ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・仕事がデキないやつという印象を与えてしまう。

150620_mistake-w960.jpg

現代日本においても自主的に残業をするという行為は

”仕事がデキない”という印象を与えてしまうという風潮に

あります。


これはなぜでしょうか??

これは経費削減ということが一つは考えられます。


仕事をするうえで常に頭から話してはならないことが

あります。

それは”コスト意識”です。


”残業”を遅くまでするということは、

電気代や水道代がかかりますよね。


そして何より人件費は馬鹿になりません。

22時以降は労働基準法により、

2割5分増しにしないといけないことになっています。


金額が上がるのをいいことに毎日自主残業なんてやっていると

コスト意識がない人=デキない人

という風に思われてしまっても致し方ありませんね。


・信頼をなくしてしまう可能性がある。

shinrai.jpg

残業をするということが続きすぎると上司の人には

”あいつはいつも残業をしている。

もしかしてスケジューリングが下手なのか?”

と映ることになります。


そうすると、

スケジュール管理が下手=自己管理ができていない

という方程式が立ってしまい、

信頼されなくなってしまうことがあります。


スケジュールを管理することは、どの仕事についても

基本中の基本と考えている人が少なくないため

信頼を失ってしまうことにつながってしまうんです。


・取捨選択ができないと映ってしまう恐れがある。

choices.jpg

仕事をするにあたって”スケジューリング”というのはとても重要です。


というのもスケジュールを管理するというのは、

今日しないといけないこと、明日しないといけないこと、

1週間後でも行けるものなどの取捨選択の作業となります。


その取捨選択を誤って”自主残業します”なんて時には、

会社からするとこれほど迷惑なことはありません。


取捨選択ができないというのはつまりは

”優先順位がつけられない”ということにほかなりません。


”優先順位がつけられない”=決断力がない

ということにも派生することになります。


そうなるとネガティブな無限ループにはまってしまいます。

なかなか抜け出せず、決断をできずに終わりを迎えるという人も

僕はたくさん見てきました。


ですからできないと思ったりドキッとしたなら

できるようになりましょう。


・仕事の全体像を理解していない印象を与えてしまう。

honnshitu.png

毎日のように残業をしてしまっているならぜひ

そのループから抜け出すことをあなたにお勧めします。


というのも先ほどお話しした”取捨選択ができない”という

印象を与えてしまうことで、

”こいつは仕事の全体像をつかんでいない”ということを

連想させてしまうきっかけになってしまうからです。


そのきっかけはとてもじゃないけどいいとは言えませんよね。


・昇進の機会が遠のいてしまう。

time to think .jpg

仕事への有り余る情熱、それは使い方を間違えると

大変なこと人るというのは分かってもらえたと思います。


信頼がなくなると、上司からは昇進の機会を遠ざけられてしまいますし、

さらにチャンスもつかめなくなってしまいます。


そうすると同じところで足踏み状態が続き、

”自分のしたかったことはいったい何だったのか”

とか

”いったい何のために仕事をしているのか”

などと考えるようになってしまいます。


そうすると仕事に対してモチベーションを保つことが

難しくなってしまい、その後のことを考えられなくなってしまいます。


・まとめ

結論.png

ご精読ありがとうございました。

いかがでしたか?


あなたは仕事に対する情熱をどのように示していますか?


何度も言うようですが現代日本において

”組織内での無駄”は非常に見る目が

厳しくなっているのは事実です。


しかし、実力以上の仕事が来ることも考えられなくはありません。

ですから僕が上記で書いたことは”極力”ということでとらえてください。


時間というのはお金とは違い、取り戻すことができません。

しかも質の悪いことに有限です。


ですからしっかりと管理をして、

取捨選択したうえで行動をしないと

いけないのです。


モチベーションを保つためにも

ぜひ時間で示すような真似をやめ

短時間でいい質のものをという

考えに移行してみてはいかがでしょうか??


では今回はここまで。

また次回。


スポンサーリンク