ありがとうの一言が職場を変える?感謝の一言の重大な理由とは?

感謝1.png

こんにちわ。

お仕事アフィリエイターのJO=といいます。


最近すごく思うのが、

”感謝の気持ちを伝えることは、何にも勝るモチベーション

を上げる効果があるのではないか?”っという事なんです。


今回はそんな感謝の言葉に関しての

考察をしてみました。


備忘録もかねてブログに残しました。

あなたの参考になればうれしいです。


スポンサーリンク












ありがとうが言えない職場には未来がない



感謝2.jpg

さてここでは気にしてほしいことがあるんです。


それは

”会社で同僚や先輩、後輩や部下、上司から助けて貰ったときに

あなたはちゃんと感謝の意をしめしているか”

という事なんです。


”それは仕事だから当然やん”

そんな答えが出てきそうですよね。

おです


でもちょっと待ってください。

その考えは間違っています。


仕事は、本来自分に降ってきたものを

ほかの人にやらせることもあるのです。


そのアウトソーシング先がたまたま部下や後輩で

あるというだけでそこには後輩先輩の関係はないのです。


対等の関係でなければなりません。

ですが特に後輩や部下に対しては本当に慇懃無礼な態度を取る人が

多くなってきています。


感謝の言葉が言えないなんて言語道断です。

そんな会社には未来はありません。


どうかあなたももう一度会社の人との接し方を見直してみましょう。


ありがとうの職場にもたらすメリット



感謝.jpg

前章で感謝の意を唱えることの重要性をお話ししました。

お判りいただけましたか?


さてこの章では感謝の言葉を言う事のメリットをお話ししたいと思います。

僕が考えるメリットというのは以下の三点です。


・職場の空気が和む



感謝3.jpg

何かをしてもらったときに相手に心から感謝をするというのは

非常に気持ちがいいですよね。

職場の空気が和むというか、会社全体の空気が柔らかくなるという利点がありますよね。


空気が柔らかくなることによって、

”なんかどんなことでもできるような気になってさえ来ます”よね。


まあ、たんなる思い込みなんですが、、、

でもねこの思い込みってものすごく大切なんです。


その理由は次のメリットでお話しします。


・職場のモチベーションが上がる



感謝4.jpg

職場で感謝の意を特に上司から言われたときって、

ものすごくモチベーションが上がるんですよね。


モチベーションが上がるというのは前に書いた思い込みというのに

直結してくる部分で、

”柔らかい空気を作った、どんなこともできる空気ができる”


”よっしゃあ!じゃあ俺もそれやってやろうじゃないか”

というモチベーションを持ちことができるんですね。


モチベーションが上がってくると仕事の成功率は格段に上がります。

そして、いい仕事ができます。


そういったうえで感謝というのはものすごく大事なんです。


・もっと仕事に対して前向きになれる



感謝5.png

また、感謝のメリットは会社内の人間を仕事に対して前向きにするという作用を持っています。

前向きになると仕事がうまくいきますよね。

そうすると新しいことにもものすごく前向きになれるし、

仕事を楽しくとらえることができるのです。


たとえミスをしてもへこむという事がないので、

必ず別の結果が得られるのです。


そういった面でも非常に”ありがとう”

という言葉の重要性はわかってもらえると思います。


人の深層心理は貢献したいと思っている



感謝6.jpg

ここでは人間の深層心理というものが感謝とどういうこと関係を

持っているかに関してお話をしていこうと思います。


まず人というのは多かれ少なかれ貢献をしたいと思っているものなんです。

それがどんな理由でもです。


例えば”こいつが早く終わらないと自分の帰る時間に

支障をきたす”といった場合でも、

”手伝う”という行為が相手に与えるのは感謝の意なんですよ。


それは一見自分のためにしたように思われますよね。

でも手伝った側にとっては、

”早く帰る”という見返りを手伝うという”貢献”によって手に入れることができますよね。


一方、手伝ってもらえた側は、その”仕事を早く終わることができる。”ことが

手に入るんです。


そうすれば相手に感謝しますよね。

そしていうんです。

”ありがとう”と。


そうすれば、言われた側は、

”悪くないなあ、じゃあ今度も手伝ってやろうか。”

なんて思うものなんですよ。


まさにありがとうという言葉は

”仕事にやる気を出させるための薬”

といったものであると考えているんです。


何故ありがとうの一言が必要なのか?



感謝7.jpg

ここまでで感謝の意を唱えることというのがいかに

大事かという事をお話してきました。


でも最近は上司の人でさえうまく感謝の意を唱えられていない

つまり、”ありがとう”という事ができない人が増えていますよね。


これはなんでなんでしょうか??


ひとつ考えられるのが。

考え方の違いではないか??

そう考えています。


冒頭の言葉を思い出してください。

”仕事だからそんなことやって当たり前だ”

という考え方が横行しているように思えてならないんです。


でもね、その考え方をしていると、

”相手からは、何だよ、

うまくコミュニケーションが取れない人だな。”

と思われ、あらぬ噂なんかも流されるようになります。


そうするとあなたのことを知らない人にもその噂が広がってしまい

前評判を崩すのにものすごく苦労しないといけなくなります。


そうなると大変ですよね。

ですから、”感謝の意を唱えること”

というのはその第一歩。

ぜひともいってほしいと思うのです。


まとめ



結論.png

ここまでご精読ありがとうございました。

いかがでしたか?


”そんなん言うのは当然やん”

なんて思われるかもしれませんが、

実際に結構会社心時代を僕も

こういう人と過ごしてきました。


そしてこういう人に限って、

昇進するのが早いものなんです。


実に不本意な結果ですよね。

でも感謝をすることによって、

自分のできないことをカバーできるのなら、

それはするべきですよね。


ぜひ”感謝の意を唱える”。

やってみてはいかがでしょうか。


あなたの仕事が楽しくなるはずです。

キラキラしたあなたの仕事になるように願うとともに

今回はここまで。


また次回。


スポンサーリンク