それって関係あるの?仕事の出来ないと思われる人の性格6選とは?


性格、仕事できるできない.jpg


こんにちわ。

お仕事アフィリエイターのJO=といいます。


最近すごく思うことがあって

”仕事のできる人とできない人はどういう性格の違いがあるのか”

というのにものすごく興味をひかれているんですよ。


仕事のできないと思われるというのには、何か原因があるはずですよね。

という事で、

今回は、”仕事ができない人と思われる人の性格”を六つに分けてインタビューをしながら

まとめて見ました。


備忘録もかねてシェアします。

ご参考になれば幸いです。


スポンサーリンク











・責任感が強い



性格、仕事できるできない2.png


責任感というのは本当に仕事に対して必要なものですよね。

それは新入社員でも何ら変わりはないと思うんです。


しかし意外に社内で仕事をしていて耳にすることが多いのが、

”お前は仕事に対して責任感がない”

という一言なんですね。


実はこれ、”責任感がない”という事ではなく、

”責任感が強すぎる”んです。


責任感が強いと何に対しても、

”自分が何とかしなきゃ”と思います。


しかし、仕事というのは能力以上のものもあるわけですよね。

能力以上のものがミスをしたときには、

”責任感が強すぎる”というのはかえって

”ミスの修復に邪魔になる”ことがあるんです。


そういう時には何よりも大切なことは

”肩に力を抜く”という事が必要なんですよね。


・いい人



性格、仕事できるできない3.jpg


次に多いのは万人に好かれようとする

俗にいう”いい人”です。


いい人というのは友達づきあいをするのであるならば、

それはそれはいいことなんですよね。


でも、会社組織に属しているのならそれはかなりNGなんです。

なぜならばそれは、自分の信念を貫くことができなくなってしまうからです。


そうなってしまうとこっちの人に”○○”といわれると

○○のほうにフラフラ~といって、

少し経ったらあっちの人に”××”といわれたら

××のほうにフラフラ~といってしまいますよね。


もちろん言ったほうの本人はあなたのことを考えて

言ってくれるというのはわかります。


しかし、すべての人に”好かれる”というのは

正直無理があります。


ですから万人受けをするのは何もないのと同じことなんです。


・自分よりも周りを優先する



性格、仕事できるできない4.jpg


また、前章に書いたことに共通するのですが、

自分よりも周りを優先する人というのはかなり

リスクが伴うように思います。


”え?仕事なんだから当然でしょう?”

あなたはそう思うかもしれません。


確かにそうですね。

会社に属する限りは”会社のために身を粉にして

働く”というのは絶対条件です。


でも考えてみてください。

”会社のために仕事をしまくって、夜も徹夜で働いて、

身を粉にして働いた”結果、体を壊したという事になった時に

いったい誰が責任を取ってくれるのでしょうか?


いったいその間のお金はだれが工面してくれるのでしょうか??

誰もしてくれないですよね??


そうなると”自分より周りを優先するというのは考え物”なんです。


・完璧にしようとする



性格、仕事できるできない5.jpg


職場に必ず一人はいるのが、

”仕事を何から何まで完璧にやろう”とする

”完璧にやろう”さん。


”え??完璧にしなくていいの?”

そう思われたのではないでしょうか??


そういう事ではなくて、仕事を完璧にやるのは当然なんですが

理想が高すぎるというのが問題なんですよね。


理想が高すぎる場合、仕事のイメージが完璧に理解ができている

場合が多いですが、少々のミスにこだわりすぎる可能性が非常に

高いんです。


そして、最後に一気に直すのを嫌って、形ができる前に直してしまう

きらいがあります。


そうなると計画の時間よりも時間がかかってしまい、いつまでたっても

終わらないことが多いですよね。


そうなると完璧な仕事とは程遠くなってしまい、

”お前は何をやってるんだ”なんておこられてしまうんです。


・悩みを1人で解決する



性格、仕事できるできない6.jpg


また、職場の中に一人はいるのが、

”自分で何でもやろう”という責任感の

ありすぎる

”じぶんでなんでもやろう”さん。


このタイプはものすごく責任感が強くて

人に仕事を頼むことに抵抗を覚えるタイプの人なんです。


でも考えてみてください。

仕事というのは終わらせるというのが

目的なんですよね??


そうするとその一人で問題を抱え込むのは得策では

ないのではありませんか?


なぜなら一人一人のできる能力には限界があるんです。

一人ですべてやっていたのではどんなに頑張っても

終わりは来ません。


会社組織というのを見てもそれはわかりますよね。


ですからちょっとその考え方を変えてみてほしいのです。


・顧客至上主義



性格、仕事できるできない7.jpg


そして何より多いのが、”顧客のことを思って。。。”

という事を言い始める、

”顧客至上主義”さん。


確かにお客様のことを考えて仕事をするのはものすごく

重要です。

そもそも仕事というのはお客様の悩み解決ですから、、、


しかし、お客様のことだけを考えて仕事をしていては、

正直利益というのがなくなってしまうんですよ。


もしあなたがお客様の立場ならどう思いますか?

きっと”もっと、もっとサービスをしてほしい”

そう思うのではないでしょうか??


会社という場所は、実は仕事ができる場所でもありますが

利益を生み出さないといけない戦場でもあります。


つまり、お客様のことを考えてさらにお客様を育てる

そんな場所にしなければなりません。


つまり”お客様のことを考える傍ら、利益も優先させるためには

どうしたらいいのか”を考えるという事が重要になってくるんですよね。



・まとめ。



結論.png


ここまでご精読ありがとうございました。

いかがでしたか?


実は僕も今働いている仕事の前まで、

仕事ができないと思われる社員だったんです。


それは”顧客第一主義”という考えを、はき違えていたことが原因でした。

会社というのは、確かにお客様を獲得する場ではあるんです。

元々の発生の原因ですから、それは確かです。


しかし、会社組織である以上は、

”会社を存続するにはどうしたらいいのか”

という事も視野に入れないといけないんですよ。


つまりうまく折り合いをつけるという事が

非常に重要なキーワードになってきます。


うまく折り合いがつけられないと、金額を下げたり、

またはほかの強豪に飲み込まれるという事が、多くあるんですよね。


そうすると価格だけで競争することになり、非常に困難を

強いられることにもなりかねないのです。


ですから、もしあなたが仕事ができないという風に

会社から評価をされていると思っているのなら、

この記事は必ず役に立つと思うのです。


一度仕事の見方を変えてみてもいいかもしれませんね。


今回はここまで。

また次回。


スポンサーリンク