・ええ?まじか?血液型によって仕事の向き不向きはあるのか?

血液型 仕事ができるできない.jpg
こんにちわ。

お仕事アフィリエイターのJO=といいます。


最近、職場の周りの人から、

”JO=って典型的なO型やんね。”

なんて言われるんです。


で、”違いますよ、僕はA型だ”というと

ものすごくびっくりされるんですよね。


で、今回は、

”仕事の向きや不向きというのはあるのだろうか”

という疑問を考えてみました。


備忘録もかねてアップしますので、ぜひご覧ください。

ご参考になれば光栄です。


スポンサーリンク











・血液型というのは仕事の向き不向きには関係がない。

血液型 仕事ができるできない1.jpg

では、本題の

”血液型というのは職種の選択に本当に関係があるのか??”

という内容ですが、実際のところはよくわかっていないのです。


ただ僕は血液型というのは仕事の向き不向きには関係しない

というのが答えだと考えています。


理由はなぜでしょうか??

次の章で理由について詳しく考えていきましょう。


・血液型よりもむしろ生活環境が左右する

血液型 仕事ができるできない2.jpg


巷の就職活動本なんかに書いてあるのは、自己分析の際に、

”好きなことと自分にできることに折り合いをつける”

というのが重要だと説いています。


あれはなんでだと思いますか?


実はね、あれって好みはその時のライフスタイルでものすごく左右される

という事をいいたいからなんです。




仕事を選ぶという局面で一番にされることは以下の二つですよね。


①自分の好きなこと

②自分にできること


どんな仕事をするにしてもこの二つに折り合いをつけることが

重要になってきます。



そして①自分の好きなことというのも②自分にできること

というのも実は生活環境の中で変化するものなんです。


特に①の自分が好きなことというのはものすごく一過性なものもおおく、

それだけでは仕事を続けていけないよという事になってしまいます。


確かに遺伝子レベルでプログラミングされているという説もありますが、

どれも生活をしていく中で、うまく調整が聞くものですよね。


そして②自分にできること、これもあなたが生きてきた中で経験した

全てのものの中から得意なことというのが決まっています。


つまり消去法という感じの考えのもとに成り立っています。


ただもしあなたが

”仕事を新開地を開拓したい”

と思って仕事を探していた場合はちょっと仕事の探し方が

変わってくるのでそれはまた今度という事で。


・まとめ

結論.png


ご精読ありがとうございました。

いかがでしたか?


実は冒頭でいった血液型というものは、統計学上のものです。

つまり中にはそうでない人も含まれるにも関わらず、性格を

一概にいうのはばかげていると思うのです。


自分の未来というのは”切り開いていくもの”であって、決して

元からできているものというのは何一つありません。


ですから

”血液型というのは仕事の向き不向きには関係しない”

と思うのです。


あなたはいかがですか?

もし仕事に悩み等があればいつでもコメントをお願いいたします。


相談も受け付けております。

無料ですのでいつでもご利用ください。


では今回はここまで。

また次回。



スポンサーリンク