・あなたは犠牲にしてないですか?家族、彼氏・彼女を大切にする重要性は?


koibito.jpg
こんにちは。

お仕事アフィリエイターのJO=といいます。


最近すごく思うのは、”家族や彼氏・彼女ってとっても大事だよなあ”

って思うんですよ。


ってことで今回は家族や彼氏・彼女を大切にする重要性についてお話していこうと思います。


~~~~~もくじ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・家族、彼氏・彼女は一番の自分の味方。
kazoku.jpg


あなたは家族、彼氏・彼女を大切にしていますか?

大切にしないと実は成功というのはあり得ません。


ではなぜ家族、彼氏・彼女を大切にしないといけないのかというと

家族や彼氏・彼女は一番の自分の味方でないといけません。


なぜなら一番自分の理解者であるはずだからですよね。

しかし、仕事を優先すると家族、彼氏・彼女は理解をしてくれない

ということも出てくるんですね。


それは、彼氏彼女の場合は”自分を”そして、

家族の場合は”自分たちを”

”ないがしろにしている”と思ってしまうからなんですよ。


そう思わせてしまうかもしれないことをしっかりと認識しましょう。


・家族、彼氏・彼女は大切にしよう。

taisetu.jpg

ここまでで家族や彼氏・彼女を大切にすることの重要性は

わかってもらえたと思います。


でも、ここで”やばい、今そう思わせてるかも”

なんてあなたは思っているかもしれませんね。


そんなあなたのために、僕の考える大切にするということの

心得をお話ししましょう。


①公私混同はしない。

仕事をするときって集中していないといけません。
しかし、家に仕事を持ち帰って仕事をするというのは

いかがなものでしょうか?


プライベートな時間も無くなりますし、

まして、家族や彼氏・彼女との時間も

削ることになります。


ですから仕事とプライベートはなるべく分けましょう。


②一緒にいてくれる家族、彼氏・彼女に感謝する。

仕事が優先なのは家族や彼氏・彼女もしっかり理解しています。

しかし仕事優先で家族や彼氏・彼女を二の次にしてしまうと

それはつまり”自分にとって家族や彼氏・彼女は必要ない”

といってしまうのと同じくらい危険なことなんです。


なのでしっかりと日ごろから一緒にいてくれることに感謝をし、

言葉に表しましょう。


③もし家族の時間やデートの約束が保護にしてしまった場合は

必ず埋め合わせをする。


家族の時間を予定していたり、デートの予定をしていたのに

急な残業を言い渡されて、、、、。


なんてことありますよね。

それが就業時間ギリギリになって言う上司もいますから

なおさらのこと。


そんな時には家族や彼氏・彼女の時間を犠牲にして

しまいますよね。


そんな時には次の休みの時を利用して家族と旅行したり、

ちょっとしたプレゼントを彼氏・彼女にあげたりと

埋め合わせをしましょう。



・仕事で成功するには家族、彼氏・彼女の応援は絶対不可欠。

ouen.jpg

仕事でうまくいく人の共通点は必ず家族、彼氏・彼女を大切にしているんです。

仕事でうまくいこうと思うと周りにいる人に応援されないといけません。


しかし、仕事を優先にしてしまうと特に家族や、彼氏・彼女はおろそかになってしまいがちです。

なぜなら仕事を全力で投球してしまうため、”週末には寝て過ごしたい”なんてことを思ってしまうためですよね。


しかし、それをしているとどんなに優しい相手でもいずれは愛想を尽きてしまいます。

そうすると応援なんてしてもらえなくなりますよね。


特に家族、彼氏・彼女の応援は絶対不可欠です。

モチベーションに一番直結するので、しっかりと私生活を

充実させましょう。


・まとめ

結論.png

ご精読ありがとうございました。

いかがでしたか?


家族や彼氏・彼女を大切にすることはとっても大事。

仕事というのはあくまで自己実現や夢を叶える手段でしかありません。

それに比べ人生のパートナーと呼べる家族、またその候補となる彼氏・彼女を

お粗末に扱うということをつまりは自分の人生をお粗末に扱うのと同じことと

なります。


ぜひこのことを認識して、いい人生を一緒に歩みましょうね。


では今回はここまで。

また次回。

・もう嫌だ!その気持ち、読書でリフレッシュしませんか??

dokusho.jpg
こんにちわ。

お仕事アフィリエイターのJO=といいます。


最近、”もう嫌だ!”って思った時って自分の知識不足のことが多いよね

って思うんですよね。



そういうときって読書というのは非常にいい方法だと思うんですよね。

今回は読書についてお話ししようと思います。


~~~~~もくじ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・今どうして読書が必要なのか?

dokusho1.png

読書というのはその書物にその著者の考えが隠されていることが

多いのです。


特に、それがどのようにしたらいいかというようなHOW TO本や自己啓発本であれば

あるほど著者の考え方が浮彫になります。


またそこにはいろんな知識がちりばめられているため、

知識を詰め込むことができるんですね。


”もう嫌だ。”って思うときには意外に

知識不足の時が多いのです。


それはなぜかというと、例えばあなたが職場で大きなプロジェクトを

任されたとします。


そこでひょんなことからミスをしてしまいました。

あなたは上司から激しい叱責を受けることになってしまいます。


そしてあなたは思います。

”ちぇっ。なんで私/僕が、、、怒られるんだよ”

”こんなはずじゃなかったのに。。。”


こういうときって意外に嫌だという気持ちが

先行してしまって次の行動にシフトできなかったりしますよね。


でも相手の気持ちを考えるという

知識の不足からあなたを”いやだな”

と感じさせているんですね。


こういう時にはあなたの尊敬する成功者の人の

本を読むといいです。


本を読むことで成功者からの言葉を浴び、

また知らなかったことを気付けるという利点があるのです。


・知識の蓄えには読書が1番

dokusho2.jpg

僕は年間に大体200冊くらい本を読破するんですが、

知識の蓄えというのは読書が一番だと胸を張って

言えます。


なぜなら知らない考え方を吸収できて、また

自分の知らなかったことが書いてある部分に

線を引いたりできる。


もし買うなら単行本がいいです。

最近電子書籍も流行っているようですが

あまりお勧めはできません。


電子書籍は気に入るところにマーカーを自分の手で引かない

ため自分の体で覚えられないという難点があるからです。


しかも、単行本に関しては1冊1000円~3000円くらいの

モノですから、非常に安く手に入りますし、また自分の欲しい情報が

手に入ります。


本を読むことで考えが深まり、そのことを考えているうちに

嫌だということを忘れているなんて、まさに一石二鳥とおもいませんか?


・まとめ

結論.png

ここまでご精読ありがとうございました。

いかがでしたか?


数々の成功者の方は、読書が趣味の方が多いと聞きます。

彼らは食事中も、またトイレの中でも本を読み、知識や知恵を

つけ明日からの行動に備えているとききます。


そんな彼らの真似をすれば”いやだ”と思っている時間も減るし

何より時間を有意義に過ごせる。


そんな有意義な時間をぜひあなたに過ごしていただきたいのです。


今回はこの辺で。

また次回。

意外な事実!!気持ちは良くも悪くも伝わってしまう。

スポンサーリンク




style="display:block; text-align:center;"

data-ad-layout="in-article"

data-ad-format="fluid"

data-ad-client="ca-pub-6990107094499763"

data-ad-slot="6627668200">







kimoti1.jpg

こんにちわ。

お仕事アフィリエイターのJO=といいます。


最近思うことがあるんですが、

”気持ちは必ず伝わる”ということなんです。


でもあれってなんでかなあって思ったんですね?


あなたも経験があるんではないでしょうか。

商談の時に取引先の態度に怒ったり、

”あっこの人売る気がないなあ”

と思ったことってあるんではないでしょうか??


実はこれって必ず伝わるようにできてるんですよね。


ということで今回は、

気持ちが必ず伝わるという事実について

検証していきましょう。


~~~~~もくじ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・気持ちは良くも悪くも伝わる。そのメカニズムとは??

mechanizm.png

人間というのは無意識的に考えていること、

そして意識的に考えていることというのがあります。


である一説では意識的に考えていることというのは、

全体の10%に満たない確率だそうです。


例えばあなたが、”仕事で昇進したい”という

気持ちになったとしましょう。


”昇進したい”と思う一方で、無意識のうちに

”でも努力するのは面倒だしなあ”とか

”今より面倒なことが多くなる可能性があるしなあ”

なんて思っているものです。


そうするとどうでしょうか?


意識的と無意識的な思考では、

1:9。

どう頑張っても意識的が勝てるわけがありませんよね。


ということで無意識におもっていることが

実現してしまうというわけなんです。


それは気持ちの上でも同じなのです。

思っていることというのは必ず言葉の端々に出てしまいます。

ですから、”~なったら困ったことになる”とか

”~したらどうしよう”というのは必ず実現しますよね。


だからといって悲観することはありません。

考え方の角度を変えることによって、改善できるのですから。


では、その方法はどうか?

簡単なことです。

プラスの言葉を自分で使うんです。


ではどんな言葉を使えばいいのでしょうか?

次章で詳しく見ていきましょう。


・気持ちを伝えるために使う言葉とは?

vocabulary.jpg

気持ちというのは必ず伝わるという事実は分かってもらえましたか?

ここでは気持ちを伝えさらに相手が嫌にならないという言葉について

勉強していきましょう。


ではプラスの思考とは一体何でしょうか??


仕事なんかでもそうですが、プラスとマイナスの面があります。

プラスというのは”その分、お金にかわる”

ということや”信頼が得られる可能性がある”

などがあるのです。


マイナスのことって何でしょうか?

例えば”デートの時間に間に合わない”とか

”やりたいことができない”ということだったりすると思います。


見方は必ず対岸の考えがあるということを覚えておきましょう。


例えばあなたが職場で失敗した時なんか言葉をお使いですか?

”あちゃーやっちゃった”なんて言ってませんか?


こんな時には”でも僕/私はついている”という言葉を使いましょう。

自分の問題を考えるいいチャンスに恵まれることなんですから。


・まとめ

結論.png

ご精読ありがとうございました。

いかがでしたか?


実は気持ちというのは伝わっていないようで

伝わったりしています。


その気持ちというのは言葉の端々に乗って

いろんなところで拡散しています。


だからこそ言葉の使い方には気にしないといけないのです。


仕事で大成したいと思うならこの法則を理解しておく重要性は

最優先です。


ぜひ一緒に頑張ってできるようになっていきましょう。

では今回はここまで。

また次回。



スポンサーリンク




style="display:block; text-align:center;"

data-ad-layout="in-article"

data-ad-format="fluid"

data-ad-client="ca-pub-6990107094499763"

data-ad-slot="6627668200">